サイレージ

サイレージ調製材で、農家の利益に貢献します

反芻動物の飼料のうちでサイレージが占める割合は大きく、サイレージの品質は動物の栄養状態と生産性、そして福祉に直接影響を及ぼします。サイレージに関わる微生物を適切にコントロールすることが出来れば、年間を通じて飼料の栄養価を保つことが可能です。ラレマンドアニマルニュートリションのサイレージ調製材には、微生物(乳酸菌)と酵素(キシラナーゼと麹菌発酵物)が含まれており、イネ科牧草やマメ科牧草、コーン、稲などの原料草の、適切なサイレージ発酵を促します。

高品質のサイレージを作るためには、2つの重要な管理ポイントがあります。:

1) サイレージ発酵時には、急速に原料草を酸性化させることが大切です。こうすることにより、乾物量の損失を抑え栄養価の回収率を最大化することができます。

2)サイレージ開封後には、好気的安定性を保つことが大切です。カビや酵母などの腐敗性微生物の増殖による発熱(二次発酵)を抑えることにより、乾物量の損失を軽減きます。

原料草の種類によって、サイレージ発酵時と開封後に見られる問題は異なります。:

  • 乾物率が低く(高水分)で、糖含量も低い又はタンパク質量が多い原料草は、サイレージ発酵中の酸性化が遅い傾向にあります。その結果、原料草中のタンパク質が分解され、サイレージの栄養価が低下しがちです。
  • 乾物率が高い又は糖含量が多い原料草は、サイレージ開封後に二次発酵し腐敗しやすい傾向があります。

これらの問題を放置しておくと、飼料の経済価値や、動物の生産成績、福祉に悪影響が及びます。

サイレージ調製のための、成功をもたらす特別な製品群

ラレマンドアニマルニュートリションは、自然由来の微生物製品とサービスの専門家として、原料草の種類に合わせて選ぶことができるサイレージ調製材を提供しています。適切な原料草の切断、詰込み、踏圧、密閉に加え、状況に合ったサイレージ調製材を使うことによって、サイレージの乾物量と栄養価を適切な状態に保つことが出来ます。良質なサイレージ給与は、動物の生産成績と生産効率の最適化につながります。

ラレマンドアニマルニュートリションのサイレージ調製用製品はこちら:

国によっては入手できない製品や、同じ効果を謳えない製品があります。


LALSIL CL

ラルシル CLは、イネ科サイレージ用のベーシックなサイレージ調製材であり、早期開封予定のコーンサイレージにもお使いいただけます。

LALSIL PS

ラルシル PSは、乾物率が低く糖含量が少ない、難しい条件のイネ科牧草とマメ科牧草の品質を守るサイレージ調製材です。

LALSIL DRY

ラルシル DRY は、乾物率が高いイネ科牧草とマメ科牧草用のサイレージ調製材です。

LALSIL FRESH

ラルシル Freshは、新鮮度を保つためのサイレージ調製材です。