微生物製品が養豚と管理に貢献する理由

 

効率的で持続可能性のある養豚は、遺伝や環境、栄養、管理といった複数の重要なポイントを抑えることによって成り立ちます。養豚業界は今まで多くの挑戦を実行してきました。:高能力母豚、抗生物質の代替、暑熱ストレスの緩和、バイオセキュリティなど。

 

母豚から子豚、肥育豚に至るまで、腸内微生物叢とそのバランスは豚の消化システムの機能と働き、さらには免疫と健康にも大きな役割を果たしています。加えて動物の栄養と環境(畜舎、糞)もまた、好ましくない細菌や病原菌といった対処が必要な微生物生態系の管理に重要です。

 

養豚分野において、成功をもたらす特別な製品群

 

ラレマンドアニマルニュートリションは、自然由来の微生物製品とサービスの専門家として、養豚場管理のための酵母や微生物のプロバイオティクス、酵母派生物、抗酸化物質、畜産現場の環境管理製品を提供しています。これらの特別な製品とサービスは、豚の腸内微生物叢と飼料効率の管理を助け、免疫と抗酸化状態を健康に維持することで、最適な動物の成績と福祉を導きます。

 

ラレマンドアニマルニュートリション養豚製品はこちら:

 

国によっては入手できない製品や、同じ効果を謳えない製品があります。


バイオパックマザー

連産・多産の母豚に不足しがちなセレンを始め各種ミネラルを有機ミネラルとして含んだ製品です。母豚の繁殖性に注目した製品です。

バイオパックリターアップ

多産系母豚に良くみられる、一腹間の子豚の生時体重のバラつきを抑えることを目的とした製品です。抗酸化能を持つ複数の飼料原料をバランス良く配合しています。

LEVUCELL SB

プロバイオティクス(レブセルSB)とプレバイオティクス(高機能繊維)を組み合わせた製品であり、母豚の特に分娩前後~離乳までのトラブル解決を目指しています!授乳期中の母豚の飼料エネルギー密度をほぼ維持しながら、腸内環境を整えることを可能にしますので、母豚の持つ潜在能力の発揮に貢献します。

マイコガード

カビ毒吸着材であるマイコガードは、酵母細胞壁とアルミノケイ酸塩を当社独自の“黄金比率”で配合しており、幅広い種類のカビ毒を吸着します。酵母細胞壁は一次発酵由来(副産物ではありません)のものを使用しており、カビ毒吸着だけではなく、免疫機能の維持も期待できます。バッチ毎に内容を確認し、安定した品質を保証しています。

YANG

ヤングは不活性酵母(サッカロマイセス セルビシエ、トルラ酵母)の混合物であり、様々な畜種にお使いいただけます。最先端の研究技術を用いて菌株を複数選抜し、相乗効果を生み出す特別な配合割合で混合しました。

LEVUCELL SB

レブセル SBは単胃動物用に開発した、特別な生きた酵母です。 使用菌株:サッカロマイセス セルビシエ ブラディアイ(CNCM I-1079) レブセルSBは人体用プロバイオティクスとしても広く利用されている酵母菌種です。 腸内細菌叢を整えることで生産成績を向上させることが、多くの試験および農場で実証されています  

MELOFEED

メロフィードは濃縮したメロンジュースをフリーズドライした製品です。メロフィードには、自然由来のスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)やカタラーゼなどの抗酸化酵素が豊富に含まれています。 メロフィードは得られたフリーズドライ粉末をさらにマイクロカプセル化して、機能性成分の効果を保つ加工を施しています。またこのマイクロカプセル化によって、製品には熱耐性があります。

BACTOCELL

バクトセルには ペディオコッカス アシディラクティシ MA18/5Mという乳酸菌株が含まれています。