ラレマンドバイオテック株式会社 / Lallemand Animal Nutrition
Japan - 日本語   [ 変更 ]

COVID-19 Info
日頃より弊社製品をご愛顧頂いている皆様にご連絡いたします。ラレマンド社では現在、製品製造を継続するために最大限の努力を尽くしております。製造施設では緊急時の対応計画を実施し、今日まで、従業員の健康を守るための厳しい安全対策の下で生産を続けております。今後も状況に変更があり次第、皆様には適切に情報をお伝えいたします。状況につき、ご理解いただけますと幸いになります。

歴史

ラレマンドアニマルニュートリションの歴史

 

 

old car of lallemand

パン酵母から始まりました…

19世紀末: ラレマンド社は、アルザス出身の若い移民であるフレデリックによって、19世紀の終わりにカナダのモントリオールに設立されました。

(注:アルザスはかつてフランス中東部に存在した地域圏であり、国境を挟んでドイツと接しています。住民はドイツ語の方言であるアルザス語を用います。)

ドイツ語の独特な発音を要する彼の名前は、フランス語圏のモントリオールの人々にとっては呼びにくいものでした。そのため彼は、フランス語で“ドイツの”を意味する“ラレマンド”を用いて、「フレデリック ラレマンド」と呼ばれていました。

彼はその呼び名をそのまま会社名に使用しました。1923年にフレデリックは、モントリオールのプレフォンテーン通りにある工場で、北米市場向けにパン酵母の製造を開始しました。この工場は、現在も操業しています。

1952年: 1952年に、シャニョン家がラレマンド社を引き継ぎました。それ以降会社では、パン酵母だけでなく、特殊な酵母や細菌を開発・製造するようになりました。そしてラレマンド社は、パン、ビール、ワイン、蒸留酒、バイオ燃料、プラントケア、ヘルスケア、医薬品、動物栄養等の市場にサービスを提供する、主要メーカーへと変革しました。

このようにラレマンド社は、酵母事業から始まり、そこから微生物発酵におけるグローバルリーダーへと成長を遂げてきました。

今日ラレマンド社は、酵母と細菌の製造工場を世界中に30ヶ所以上保有しています。従業員数は4,000人を超え、世界の全5大陸で事業を展開しています。

動物栄養と健康におけるリーダーへ

ラレマンド社は、1980年代の後期に動物栄養分野に進出しました。1988年にはフランス(オーリヤック)で、細菌工場を取得しました。これがラレマンド社初の、細菌工場となります。取得した工場では、ヨーロッパで初となるサイレージ調製材やプロバイオティクス用の細菌の生産を行いました。続いて1998年に北米では、動物栄養に特化したミルウォーキーの細菌工場を取得しました。

ラレマンドアニマルニュートリションの誕生!

アニマルニュートリション事業部では、立ち上げの初期から、科学を基に活動してきました。1989年には、INRA(フランス国立農学研究所、クレルモン=フェラン)の研究チームと、反芻動物の研究に関して初のパートナーシップを結びました。この関係は、今日まで長きにわたり続いています。そして以降も、数多くの研究パートナーシップのネットワークを広げています。

今日ラレマンド社のアニマルニュートリション事業部では、世界の全大陸で400人以上の仲間が活躍しています。そして粗飼料の保存、および反芻動物・豚・家禽・水産養殖・馬・ペットの栄養と健康の分野において、中心的役割を担っています。

 

 

yeast fermenter lallemand animal nutrition

 

lallemand animal nutrition office in milwaukee

動物栄養分野における、イノベーションの軌跡

  • 1995年: ヨーロッパにて、反芻動物および単胃動物用のプロバイオティクス菌株の登録
  • 1996年:  粗飼料の好気的安定性を促進する細菌 (ラクトバチルス ブーケンライ NCIMB 40788; Biotal)を、初めて開発
  • 2008年: 生きた酵母のマイクロカプセル化技術(タイタン加工)の最初の特許を取得
  • 2009年: EU初の水産養殖用プロバイオティクス細菌が認可
  • 2016年: 複数菌株の酵母混合物製品を初めて設計
  • 2018年:畜産 環境向けの、初のポジティブバイオフィルム製品の開発